[DIY]LIXIL人口木ウッドデッキ「樹ら楽(きらら)」の取り付け方解説!

大引きまでの設置が完了したら、
次は床材の取り付けをして行きます。

床材の取り付けは結構簡単で、床材を入れる→固定金具を付ける。
の繰り返しです。

スポンサーリンク

床材を取り付ける

1枚目を大引きにあらかじめ取り付けて置いた、
側面幕板取付材に入れます。
床材を割ったりしないようにするため、
ゴムハンマーを使い、叩いて入れましょう。
樹ら楽 床材一枚目

1枚目を取り付けたら床材固定金具を付けます。
床材固定金具

あらかじめ大引きには穴が開いているので、
この穴に固定金具を付けます。
大引きにはあらかじめ穴が開いている

向きは、以下の画像参照。
固定金具を取り付ける

そして、2枚目を入れる→固定金具を付ける→3枚目を入れる→固定金具を付ける・・・
と、繰り返していきます。
床材を張っていく

最後まで後1枚の所まで完了!
今回の最後の1枚は床材を縦に切り落として取り付けます。
床材最後の1枚

最後の1枚

マルノコを使い、切断しました。
このように切断する場合は床材上と下で若干寸法が違うので、
間違えないように切断します。
最後の1枚OK

床板の取り付け完了

床材の取り付けはこれで完了となります。
次は幕板の取り付けになります。

幕板の取り付け

幕板にはAとBがあり、
今回は幕板Aで取り付けをやります。
幕板Aと幕板Bの違いは幕板Aの方が分厚いです。(取り付け方も違うので注意)
どっちが良いということは無いと思うので、好きな方を選んで使いましょう。
幕板A

幕板を必要な長さに切断し、
幕板の後ろに側面幕板取付金具を取り付けます。
幕板に金具を付ける

そして、取り付け。
ガチャっと引っかけるだけです。
反対側も同じように切断し、取り付けます。
幕板の取り付け

正面には、正面幕板取付材を付けます。
間隔は90cm以下の間隔で取り付け。
正面幕板取付材

正面の幕板を取り付けたら施工完了となります!
(暗くなってしまいましたが完成写真)
樹ら楽取付完了1

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする